人を知るINTERVIEW

ホーム人を知るK・N
K・N
K・N

2019年 中途入社

K・N
モバイルサービス事業部
エンジニア
Q 入社を決めた理由を教えてください。

面接を通して、とても風通しがいい会社だなと印象を受けたのが大きいです。私はどの組織においても、いい結果を出すためには全員が意見を出すことが大事だと思っているので、フラットな組織ということが決め手になりました。

また、技術が好きな人が多そうだったこと、フレックス勤務可能でワークライフバランスがとりやすそう、ということも大きかったです。

入社前に感じた印象は、今も大きくは変わらず、強いて言うなら、技術好きな人が多そうと感じていましたが、想像以上に技術好きが集まっていました!

Q どんな仕事をしていますか?

ブロックチェーンチームでDAppsの開発をしています。

エンジニア、ディレクター、デザイナーからなる少人数のチームで、私はエンジニアとして主にバックエンドを担当しており、最近はAPIサーバの実装とサーバインフラ・DB周りの開発をしています。開発手法としてはバックエンド・フロントエンドともにTypeScriptです。

私のチームは一週間単位のスクラム体制で、今週に実装する機能を優先順位を決めて開発を行い、スプリントごとにプランニングと振り返りなどのセレモニーを行っています。

interview-image
Q 仕事のやりがいを教えてください。

今一番ホットだと思っているブロックチェーンに挑戦ができていることです。

私はプログラミングの理論面への関心が強いので、Web開発では味わえないアルゴリズム的な要素をブロックチェーン開発発揮できるのが楽しいです。

ブロックチェーンは今現在活発に進歩している技術なので、新しい技術や製品の発表などが頻繁です。プロダクト開発において競合分析は重要なので、情報収集にも力を入れています。毎週1回、情報収集会をチームで設けて各自が調べたものや、試してみた技術を共有するようにしています。

また、みんなが自分の担当している仕事に責任を持っていおり、お互いに信頼関係が築けているので、とても働きやすいです。

Q 技術が好きな人が多い、とありましたが具体的にどういったところで感じますか?

技術に関しての情報感度がとても高く、毎日1時間開催されている勉強会も、ほぼ毎日誰かが開催をしており、人数が多いのもありますが比較的エンジニアの勉強会の開催頻度が高いです。

また、仕事中に知らないことが出てきたとしても、チーム内ですぐに解決できます。

またプライベートでOSSに貢献しているメンバーや、趣味でプロダクト開発を行なっているようなメンバー、勉強会への参加が好きだったり、自らで開催をしているようなメンバーもたくさんいますね。

interview-image
Q 今後どんなことにチャレンジしていきたいですか?

まず直近は、エンジニアとしてコードレビューにおいてコードの品質の改善に尽力したいです。また将来発生しそうなバグや欠陥を予測し、事前に対処できるようにし、チームへ貢献したいなと思っています。

その後は、マネージャーという立場で、人の育成へ携わり、人と組織を率いていきたいです。新卒社員が多い会社なので、若者としての熱量とやる気をどんどん発揮してもらえるようにしていきたいです。また、マネージャーになってもずっとエンジニアとして、今と変わらず、プロダクトへの品質にはこだわり続けたいです。

ENTRY 採用までの流れ

01
エントリー
エントリー
02
書類選考
書類選考
03
面接複数回
面接複数回
(適性検査)
04
最終面接
最終面接
05
採用
採用