人を知る

ホーム人を知る木村 魁人
木村 魁人
木村 魁人

2021年 新卒入社

木村 魁人
モバイルサービス事業部
リードエンジニア
Q 学生時代はどんな技術に触れていましたか?

大学生になってから初めてプログラミングに触れたのですが、当初は興味が分散していて、流行りに乗っかって機械学習に触れてみたり、Discordのチャットボットを作ってみたりと、浅く広く技術に触れていました。
その後、徐々にWebに興味が移り、Webに関する技術に触れることが増え、友人とWebサービスを企画したりするようになりました。

当時は知識や技術が未熟であったこともあり、複雑な開発となると辛いと思うことも多かったです。ですが、同時に良いアーキテクチャや言語に興味を持つようになり、良い言語を求めてScalaやNode.jsを使ってみるなど、色々試したりしていました。

Q モバファクに入社を決めた理由は何でしたか?

理由としては、大きく2点あります。

1つは技術的に幅広い領域に触れることができるということ。

もう1つは、裁量を持って仕事ができるということです。

モバファクは、インフラからフロントエンドまで幅広い技術に触れることができ、若手でも裁量を持って仕事ができる環境だったので自分の軸にぴったりだと感じました。

他にも企業はあったのですが、技術好きな人が多いこと、そして「ユーザーのことを第一に考え、感謝されて初めて収益が得られる」という考え方「ありがとうで高収益を」に共感し、入社を決めました。

Q モバファクに入社してから、どういった仕事を経験しましたか?

モバファクに入社してから、位置ゲームの「駅奪取」を制作するチームへ配属になりました。少人数のチームということもあって、機能開発や調査など担当が決まってる訳ではなく、全員が機能開発・改修・調査・サーバーの負荷チェックを行います。

 

開発の進め方もさまざまで、チームで1つの機能開発に着手するケースと、1人で機能を完成させるケースがあります。前者ではメンバーとコミュニケーションを取りながら業務を進める流れが経験できました。後者では、目標までの道筋とスケジュールをたて、開発していく流れを1から経験できたのが良かったです。

Q これまでで一番大変だった仕事を教えてください。

NFTマーケットプレイス「ユニマ」のフロントエンド改修をヘルプとして担当したことが、一番大変でした。反省すべき点が非常に多かったと思っています。

具体的には、ブロックチェーンチームに一時的に加入して改修を行ったのですが、チームが異なるため、方針のすり合わせに時間がかかったり、考慮すべき点の抜け漏れが発生してしまいました。理解が浅いプロジェクトに着手するときはいつも以上に要件をすり合わせておく必要があったなと反省しています。

また、タスクの見積もりをしっかりとせずに、手を動かしはじめてしまったという点も反省点です。タスクごとに見積もりを決めていれば、方針を調整したり、ヘルプを頼んだりと、余裕を持って対応ができていたと思います。

大変なことが多かった分、学びも多く、改修を完了させた時の達成感はどの業務より大きかったです!

Q モバファクで働く中で感じるやりがい・面白さは何でしょうか?

若手でも手を挙げさえすれば、大きな仕事を任せてくれるということです。

「駅奪取」で、もともと利用していた言語が効率的ではないなと感じていたため、TypeScriptへの移行を提案したところ、自分にその業務を任せてもらえたんです。移行することで、どういうメリットがあるかを整理するところからスタートし、自分で導入までのスケジュールを引きながら、何とか移行を完了することができました。
大変だった分、チームにとっても自分にとっても価値があったなと感じています。

また、ありきたりですが「駅奪取」というゲームを通じて、ユーザーに価値を届けられるということにやりがいを感じています。スマホゲームなので一般的なサービスよりユーザーの声を感じやすいです。自分が提案した機能に対して、SNSなどでユーザーからポジティブなコメントをもらうと、やっぱり嬉しいですよね。

Q モバファクに入社して成長したと感じることは何ですか?

1つは技術者としての地力を上げることができたのかなと思っています。

自分はフロントエンドが比較的得意なので、業務自体はフロントエンドのタスクにやや偏りがちではありましたが、チーム内外のエンジニアとも関わり、幅広い技術に触れたことで、他の領域に関しても知識を得ることができ、技術的に成長できたなと感じています。

 

また、開発に関しても仕様がおりてきてその通りに作るというよりは、ディレクターやデザイナーとのやり取りをしながら要件を詰めていくことが多かったです。その経験によって、コミュニケーションや仕事の進め方等のヒューマンスキルの重要性を感じることができました。日々反省と改善の繰り返しで、成長できていると感じています。

Q 今後の目標、目指すキャリアを教えてください。

ざっくりではあるのですが、フルスタックエンジニアというよりは、特定の領域に尖ったエンジニアになりたいと考えています。

自分の能力にあまり自信がないので、苦手な領域を補うよりも、得意な領域をしっかり伸ばして、他人より尖った部分を持つエンジニアになりたいと思います。

ブロックチェーンチームに加わることになったので、しばらくは「ユニマ」のフロントエンドの改修を担当する予定です。これまではフロントエンドといっても開発環境を整備することが多かったのですが、これからはリッチなUIを組む機会が増えるので、自分の技術領域を尖らせていく良い機会になると思っています。

改修を着実に進めながら、技術力を磨いていきたいと思います。

ENTRY 採用までの流れ

01
エントリー
エントリー
02
書類選考
書類選考
03
面接複数回
面接複数回
(適性検査)
04
最終面接
最終面接
05
採用
採用