人を知る

ホーム人を知る二宮 考有希
二宮 考有希
二宮 考有希

2019年 新卒入社

二宮 考有希
モバイルサービス事業部
リードデザイナー
Q 学生時代はどのような活動をされていましたか?

大学で所属していた音楽制作サークルでCDのジャケットやチラシのデザインを行っていました。

当時はデザイナーになると決めてはいなかったのですが、サークルの活動に携わるうちにデザインの面白さ、奥深さに魅了されていき、デザイナーという職種に興味を持つようになりました。

もともとモノづくりが好きだったので、何か良いものを作り発信したいという気持ちは当時から持っていたと思います。

Q モバファクに入社を決めた理由は何でしたか?

入社の決め手は大きく2点あります。

まず1つ目は「裁量の大きさ」です。

モバファクでは1年目でも主体的に手を挙げればさまざまな業務を任せてもらえます。

自分自身、位置ゲームの「ステーションメモリーズ!」(略称:「駅メモ!」)を開発するチームにアサインされてたった数日で、ユーザーの目に届くデザインを担当させてもらいました。また、入社1年程度でゲームの周年イベントなど大きな案件も任せてもらえました。

 

そして2つ目が「業務内容の幅広さ」です。

モバファクではコンテンツに関わる多くのデザインを自社で制作しています。

ゲーム画面上で表示される画像のみならず、各所で販売されるキーホルダーなどのグッズ、チラシやポスター、さらには電車のヘッドマークなど多岐にわたるデザイン経験を積むことができ、スキルアップに繋がっています。

Q モバファクに入社してから、どういった仕事を経験しましたか?

入社したての頃は「駅メモ!」ゲーム内のグラフィック制作など、基本的なデザイン制作からスタートしました。

とにかく繰り返しデザイン制作を行ったことで、ゲーム全体の世界観を掴むことができ、スピーディーに作業を進められるようになりました。

 

仕事に慣れてきたタイミングで、印刷物やグッズの作成など少し高度な業務も任せてもらえることに。コラボ先や印刷所との調整を行うことも増えていきました。

徐々にポスターや電車のヘッドマークのデザインなども任され、他社ではなかなか得られない経験をさせてもらっています。影響範囲が広く、責任も大きい仕事ですが、完成した時の喜びも大きいです。

 

現在は、サービスのUI/UXデザインも担当しています。

今まで以上にユーザーに寄り添った思考が求められるため、考えることも多いですが、学びが多く、やりがいを感じています。

Q これまでで一番大変だった仕事を教えてください。

「駅メモ!」のリアルイベント向けに制作した電車のヘッドマークが印象に残っています。

入稿データの仕様に注意が必要だったり、電車の車両やヘッドマークの種類によって形状が特殊なものが多くありレイアウトをどうするかに悩まされました。

またポスターのように正面から確認するものではないので、「駅のホームから見たときにどのように見えるか?」「離れても見えるのか?」なども考慮する必要があり、とても苦労しました。

 

実際に掲示されたところを見に行くまで、上手くデザインできたか心配でしたが、自分がデザインしたヘッドマークをつけた電車を見たときは本当に嬉しかったです。

大勢の人がヘッドマークの写真を撮って楽しんでいる様子は、今も忘れられません。

Q モバファクで働く中で感じるやりがい・面白さは何でしょうか?

駅メモ!」のかわいらしいキャラクターをより魅力的に演出するために、「どんなアプローチができるのか?」を考えながらデザインを詰めていく過程が楽しいです。

特にモバファクではデザインに対する先輩社員のフィードバックを多くもらうことができる環境で、日々学びがあります。

また、デザインに対してユーザーからたくさん反応をいただけるので、一喜一憂したり、次にどう活かすかを考えるのも楽しいですね。

Q モバファクにはどのような人が多いと思いますか?

モバファクの社員は「優しい人」そして「主体的な人」が多いと感じています。

まず1つ目の「優しい人」についてですが、チームのメンバーは業務量や作業内容に関して困った事があれば、いつでも相談に乗ってくれます。

また、誰かが仕事でミスをしてもチームでフォローし合うカルチャーで、新人でも失敗を恐れずに挑戦することができ、スキル的にも精神的にも成長しやすい環境だと思っています。

 

そして2つ目の「主体的な人」について。

当事者意識を持つ社員が非常に多いです。ほとんどの社員が仕事で問題が発生した場合、「自分にできることはあるか?」「再発防止のために何ができるか?」など、自分事として問題を考えています。

Q モバファクに入社して成長したと感じることは何ですか?

主に2つの能力が向上したと感じています。

まず1つ目は「デザインを考える力」。

単に各種デザインソフトの利用スキルの向上だけではなく、デザインを通してユーザー・企業にどのような影響を与えるのかをしっかり考え、デザインに落とし込む力が高まったと感じています。

 

2つ目が「主体性」。学生の頃は内向的な性格で、自ら率先してタスクに取り組んだり、問題解決に対して、前のめりに関わることはありませんでした。

しかし、モバファクにおいては、周囲のほとんどの人が当事者意識を持って、自ら手を挙げて迅速に仕事を進めていく環境です。

「なんとか周りの環境に適合せねば」という気持ちから、自身の性格を大きく変えることができました。

Q 今後の目標、目指すキャリアを教えてください。

UI/UXデザインのスキルアップを目指したいと考えています。

「駅メモ!」のデザインを担当する中で、周囲に与える影響を考慮したグラフィック制作の知見はかなり身についたと感じています。

ですが、ユーザーに何を価値と感じてもらい、どう利用してもらうのか、というUI/UXデザインに関する知見が自分にはまだ足りていません。

 

ブロックチェーン技術を利用した新規事業に関わる機会もいただけているので、今後は新規事業でUI/UXデザインの経験をさらに積み、デザイナーとしての力を磨いていきたいと思います。

ENTRY 採用までの流れ

01
エントリー
エントリー
02
書類選考
書類選考
03
面接複数回
面接複数回
(適性検査)
04
最終面接
最終面接
05
採用
採用