人を知る

ホーム人を知るodan
odan
odan

2018年 新卒入社

odan
モバイルサービス事業部
シニアエンジニア
Q モバファクに入社を決めた理由は何でしたか?

就活時は自社開発を行っているWeb系の企業の中からマッチしそうな企業を探していました。そのとき、一緒の大学のサークルメンバーだった1人がモバファクの内定を承諾していて、彼から選考をすすめられたのがモバファクを知ったきっかけです。

元々「ステーションメモリーズ!」(略称:「駅メモ!」)ユーザーだったこと、自分と合いそうなエンジニアが多くいたことから、最終的に入社を決めました。

Q モバファクに入社してから、どういった仕事を経験しましたか?

入社後は新人研修を経てブロックチェーンチームに配属されました。当時はモバファクがブロックチェーン事業に参入したタイミングで、新規サービスの立ち上げをメインに行いました。

新規サービスのコーディングはもちろんのこと、当時はチームのエンジニアが少数なこともあって、サービス立ち上げ時の技術選定や設計なども主導して行っていましたね。

Q シニアエンジニアとして一番大変だった仕事を教えてください。

障害対応は発生するたびに心身ともに疲労が蓄積しますね。突発的に発生するアラートからサービスとユーザーへの影響を考慮し、ディレクターやプロダクトマネージャーと協力しながら対応の優先度を判断します。「即座に対応する必要がある」となった場合、バグを修正するコードを書いて本番環境にリリースする必要があります。この一連の流れをこなすのに3時間程度かかるので毎回疲れますね。

NFTマーケットプレイス「ユニマ」のリリース直後は度々障害が発生し、休日や深夜に対応する必要があって体力的にも精神的にも辛かった記憶があります。

Q シニアエンジニアとして心がけていることは何でしょうか?

情報収集です。

日頃からシステムのアーキテクチャ、新しいツール、利用SaaSの新機能、新しいブロックチェーン系のプロダクトなどの情報をキャッチアップしています。

情報を溜め込んでおくことで、業務で必要になったタイミングでチームに提案ができるようにしています。

Q モバファクで働く中で感じるやりがい・面白さは何でしょうか?

まだまだ未開拓な領域が多いブロックチェーン業界で、新規事業の立ち上げを経験できることが面白いと感じます。

ブロックチェーン業界は日々新しいプロダクトやプロトコルが発表されます。情報を収集しながら、新しいプロダクトと既存のプロダクトとの違いや新しい活用法を考えることが楽しいです。

Q モバファクに入社して成長したと感じることは何ですか?

「Webサービスを開発する」ということに対しての解像度が上がったことです。入社前は主にフロントエンドの経験しかなかったのですが、入社後はバックエンドやクラウドを含めて手広く経験することができました。その結果、Webサービスの中身がどういう構成になっているかや、どういう技術スタックを用いて開発すれば良いのかがより理解できるようになりました。

Q 今後の目標、目指すキャリアを教えてください。

ソフトウェアエンジニアとしてブロックチェーンやWeb技術だけでなく、さまざまなことに対して全知全能になりたいと考えています。仕事の中での困りごとや新規技術の採用について「これはこういう採用事例があって〜」という形で即座に判断が下せる状態になりたいですね。

ENTRY 採用までの流れ

01
エントリー
エントリー
02
書類選考
書類選考
03
面接複数回
面接複数回
(適性検査)
04
最終面接
最終面接
05
採用
採用