人を知るINTERVIEW

ホーム人を知る髙橋 秀彰
髙橋 秀彰
髙橋 秀彰

2015年 中途入社

髙橋 秀彰
モバイルサービス事業部
マネージャー
Q 中途としてモバイルファクトリーに入社を決めた理由を教えてください。

前職は新卒から5年半、SIerとして受託開発を中心に開発をしていました。ちょうどリーダーを任せられるタイミングで、もっと開発に関わっていきたいと思い転職を決意しました。当時、Perl入学式という勉強会やYAPC等のカンファレンスに参加していて、その中でモバイルファクトリーのエンジニアの方々とお会いしたのがきっかけです。ですので事前に開発の進め方や使っているツール、規模感や事業内容について聞けていたことと、入社前からの知り合いの方が多かった事が一番の決め手になりました。

Q 現在どんな仕事をしていますか?

ブロックチェーンチームのマネージャーです。バックグラウンドとしてエンジニアあがりなので、開発についての知見を意思決定に活かしています。チームでは新規プロダクトの開発が多いので、プロダクトやプロジェクトのマネジメントも兼務して行っています。

私の所属するブロックチェーンチームは新規事業のチームであり、また業界自体もこれからという状態です。ですので、製品を作るだけでなく市場も作っていくためにはどうすればいいか、そのために社内外の方々とどのように関わっていけば良いかを考える事にやりがいを感じています。

業界のトレンドの移り変わりが激しいこともあり、毎週社長や役員との会議に参加させて頂いていて、経営層と直接コミュニケーションをとる機会が多いことも、緊張感があり良い刺激になっています。

interview-image
Q モバイルファクトリーに入社して成長したと感じることは?

まずはエンジニアとして大きく成⻑できました。前職よりも圧倒的に手を動かす時間が多く、周囲のエンジニアからも質の高いフィードバックを受けることができました。

マネジメントを始めてからも、ブロックチェーンチームのリーダーからマネージャーになるまでの期間が早く、開発から離れたこともあり任される業務がそれまでの内容と大きく異るものでした。

ですが、業務の相談には頻繁に乗って頂いたり、同時期にマネージャーになった同僚も居たりして、サポートを十分にしていただいたからこそしっかりと成⻑することができたと考えています。

失敗しないということはチャレンジしていない証拠だと考えているのですが、幸い、今は失敗の連続です。

マネージャーともなるとやはり安全な策を選択してしまいそうになるのですが、正しく失敗できているかどうか、好機が訪れたときに手を挙げられているかどうかを定期的に確認しながらこれからも成⻑していきたいです。

 

Q これまで一番困難だったことは何ですか?

マネージャーになる前後が一番大変だったと思います。やはり経験がないというか、何をやればいいか分からなかったというのが正直な感想です。周囲から色々指摘されたり意見を貰ったりするのですが、自分の視座では見えていないことについて言われていて、混乱したり何をすればいいか全くわからないような状態でした。

まだ救いだと思ったのが、自分が見えていない物事について言われている事自体は理解でき、自分に足りないものがあるという事に気づくことができたことでした。

そんなときには基本的に書籍で体系的な知識をつけることから始めています。

経験から気づいて理解することも大事ですが、ある程度基本型を知った状態で試してみて、自分に合った型を見つけるのが近道だと考えています。

interview-image
Q 入社前後で、ギャップはありましたか?

文化的なギャップでいうと、自分はあまり感じずにすんなりこれたと思っています。入社前からの知り合いが多く、ちょくちょく話を聞いていたからかもしれません。

反面、能力的なギャップはすごくあって、それは今も感じています。優秀な方が多く、常に学習して修練を積まないとすぐに置いていかれてしまう危機感があります。入社したての頃はゴールから逆算して考えることができていなくて、どうしても今できる最善を考えて目的を見失ってしまったり判断がブレてしまうことが多かったんですが、意識するようになってからは自分の決定にも自信を持つことができるようになりました。

Q モバイルファクトリーの魅力を教えてください。

やる気があれば任せてもらえること。ブロックチェーン事業に関わっていることや、マネジメントをやっていることも、ちょうどチャンスが来たときに手を挙げた、今の状況がまさしくそうだと思っています。

安心してチャレンジできる会社の風土と、安定的な経営の土壌があることが強みであり、魅力でもあります。コンテンツ事業やゲーム事業という土台の上に、今のブロックチェーン事業の挑戦があります。

経営層のサポートも手厚く、ランチに誘うとみなさん忙しいのに快諾してくださり、気軽に相談できるので安心して挑戦できる環境です。

今後もあらゆることに備えて常に学習を怠らず、チャンスに対してオープンな心構えでいたいですね。

ENTRY 採用までの流れ

01
エントリー
エントリー
02
書類選考
書類選考
03
面接複数回
面接複数回
(適性検査)
04
最終面接
最終面接
05
採用
採用