人を知るINTERVIEW

ホーム人を知るT・Y
T・Y
T・Y

2018年 新卒入社

T・Y
モバイルサービス事業部
エンジニア
Q 入社を決めた理由を教えてください。

モバイルファクトリーが掲げている人材バリュー・行動バリュー(クレド)に共感できたことが一番大きいです。

例えば「ありがとうで高収益を」という行動バリュー(クレド)がありますが、これはユーザーのことを誠実に考えて笑顔を作り出すことを念頭においた行動指針です。また、「社員は財産である」という行動バリュー(クレド)に関しても、対象を社員にした「ありがとうで高収益を」と同様な考え方だと自分は捉えていて、とにかく相手を誠実に思う健全な方針に感心し、共感できました。

実際に採用面接でお会いした方々からも相手のことを認めた上でお互いに高め合っていこう、といった社風が根付いているように感じ、モバイルファクトリーなら働いていて安心できるし、成長もできると考えて入社を決めました。

Q 現在の業務内容を教えて下さい。

駅メモ!の開発チームで、エンジニアとして主にゲーム内イベントの設計・開発をしています。

もう少し具体的に言うと、ディレクターが定めたイベントの仕様とデザイナーが設計したデザインカンプを満足するようなDBの設計・UIの実装・サーバサイドロジックの実装など、となります。

駅メモ!開発チームのエンジニアは基本的には各人が得意な分野を担当していますが、チーム内のタスク状況によっては別の分野のタスクをこなすこともあります。自分の場合は先ほど述べたようにイベント関連の開発が多いですが、新しいでんこの開発を行うこともあります。

Q 新卒で入社してから現在まで、どのような仕事を経験してきましたか?

最初は開発用のデバッグ機能など、本番環境に影響のない修正や機能追加をして駅メモ!のコードに慣れることから始まりました。

ある程度慣れてきた頃、自分が駅メモ!を遊んでいる時に気になっていた点が改修項目としてあがっていることに気づき、「それなら!」と自分が主導してその点の改修を行いました。

本番環境に影響のある初めての大きなタスクで、苦労した分、学びも多かったので印象に残っています。

その後、ゲーム内の新規イベントを開発する機会があって、はじめは開発サポートで参加させてもらったのですが、それ以降イベントを開発する度に自分の担当範囲が増えていき、今では新規イベント立ち上げ時の設計からリリース後の運用にも関わっています。

interview-image
Q 今の仕事のやりがいは何ですか?

仕事をしながら知識を得て、成長できることです。

タスクをこなすたびに新しい知識を取り入れることができるので、以前できなかったことができるようになっていたりすると成長を感じられて楽しいです。

 

自分は入社した当初、プログラミングはできても、エンジニアとしての知識が全くといっていいほどなかったのですが、モバイルファクトリーは新人など関係なく裁量があり、任せてもらえる範囲も広く、「やりたい」と声をあげれば大抵はやらせてもらえる環境なので、様々な業務を経験させてもらうことで、技術だけでなく広く活躍できるエンジニアとして、成長をすることができます。

現在はエンジニアとしてある程度の知識も身に付けることができましたが、周囲のエンジニアもそれぞれ強みを持った凄い方が集まっているので、学び続けながら、より成長していけるように、スキルアップに励まなければならないと思っています。

Q モバイルファクトリーの魅力を教えてください。

とにかく働きやすいことです。

同僚はもちろん上司の方とも立場を意識せずコミュニケーションを取ることができるし、社内のチャットツールであるSlackも活用できて距離感も非常に近いです。

自分のチームでは口頭でのコミュニケーションよりもSlackを用いたテキストでのコミュニケーションの方が業務上多いのですが、時に何気ない話題の中に重要な情報が混ざっていたり、雑談の流れの中で自分の担当しているタスクの方向性が変更されていたりするので、気が抜けません。Slackでのコミュニケーションがメインというのは気軽に好きなタイミングで情報を発信できて、取り入れることが可能な良い文化ではあると思っているので、集中してコーディングする際は重要なメッセージだけを読むなど、上手く活用するようにしています。

 

またチームの人や雰囲気も魅力的です。雑談をしても冗談を言っても、度を過ぎてなければ咎められないような緩い空気感です。ただ、抑えるところは抑えていて、仕事には全員が真摯に向き合っています。これができるのは、働きやすい環境が会社から提供されていることで心に余裕がある、ということが大きいのかなと思っています。

また、フレックスタイム制度が取り入れられているし、有給休暇も取得しやすいので、ワークライフバランスもとれていると感じます。

例えば自分の場合、朝はゆっくりと出社して8時間働いて帰るのが基本ですが、業務の忙しい時期には長めに働いて、余裕のある時期にその分早く帰る、といったように勤務時間を調整しています。

interview-image
Q モバイルファクトリーに入って成長したと感じることは何ですか?

人を頼れるようになった、ということです。

入社当初は、わからないことをすべて一人で悩んで一人で解決するタイプでした。最初は、業務ではわからないことの方が多いので、自分のことに手いっぱいになり、効率の悪さに気付くことに時間がかかっていたのですが、幸いモバイルファクトリーにはメンター制度があって、メンターの方と何度も相談をする中で、少し悩んで分からなければ周りに相談する、という癖をつけることができました。

そのおかげで、自分が駅メモ!を遊んで気になっていた点の機能改修を、主導して行った際には、ディレクターやデザイナーの方と何度もコミュニケーションをとって仕様やUIをすり合わせたり、実装でわからない点は先輩のエンジニアに相談したりして、なんとか完成させることができたのを覚えています。

仕事に関わらず時間効率は重要な概念であり、これはモバイルファクトリーの価値観「スピード×クオリティ」にも繋がっています。

無駄な時間を作らないためにも、人を適切に頼ることができるようになったというのは一つの成長だと思います。それに加え、業種を超えたコミュニケーションの大切さや新しい技術を学ぶこともでき、今振り返ると良い経験となったと思っています。

Q 今後どんなことでチャレンジしていきたいですか?

エンジニアリングマネージャーを目指して、チームのエンジニアが抱えている課題や現状より良くできる点を探し、改善することでチームとしての生産力を高めることに挑戦していきたいです。

これまではチーム内の新人エンジニアとして技術を身に着けることに重点を置いていましたが、今のチーム内で取り扱うタスクについてはある程度経験できて、今度は得られた知識を新しいメンバーやチームへ提供する立場になってきた、というのがその理由です。

自分はチーム内のエンジニアとしても、エンジニアをまとめる立場としても、まだまだ経験不足ですが、自分が目指すエンジニアリングマネージャーに必要な知見を得るためにも、臆することなく、いろいろなことに挑戦していきたいと思っています。

ENTRY 採用までの流れ

01
エントリー
エントリー
02
書類選考
書類選考
03
面接複数回
面接複数回
(適性検査)
04
最終面接
最終面接
05
採用
採用